片付けが運気アップにつながる2つの大きな理由

片付けが運気アップにつながる2つの大きな理由

上記の写真は、私がハワイで住んでいた部屋を退出するときに撮ったものです。Furnished(家具付き)の物件だったので、ベッドやテーブル、そしてクローゼットが付いており、スーツケース2つという旅行のような荷物で入居。1年半しかいないから…と極力物を増やさないようにして過ごしていました(荷物少なっ!ってハワイでよく言われたなぁ)。

「必要なものだけに囲まれる生活」に慣れて実家の部屋に戻ったら、物の多さに息苦しくなってしまい、気分転換もしたかったので思い切って大掃除をすることに。片付けの後に気づいたことや良かったことをまとめてみます。

捨てると自分に向き合える

使わないものは大きなケースに入れて、見えないところに追いやっておけばいいや。というスタンスだったのですが、実はこれは自分から逃げている証拠だと気付きました。やらなきゃいけないことを先延ばしにしたり、忙しいを言い訳にダイエットに取り組まなかったり…全部同じことなんです。

まずはベッドの下に置いてある何年も開けていない衣装ケースを引き出し、今いらないものは処分しました。「やせたら着よう」と思っていたスキニーなデニムも(笑)。1年袖を通さなかった洋服は多分一生着ることはないですからね。

6年習っていたダンスで増えた衣装や小物には思い出が詰まっているので、さすがに最後まで悩みましたが、スペースを作れば新しいものがやってくると割り切り、感謝の気持ちを込めてさようならしました。

そうすると不思議なことに、「先延ばしにしていたブログの再構築に取り組もう」だとか「運動をしよう」という気になってきたのです。放っておいた荷物を捨てることで自分にも向き合えるようになったみたいです。

自分にとって幸せなものは何かがはっきりする

片付けは、心が喜ぶ新しいものに出会うためのステップ。一度部屋をスッキリさせると、何を手に入れてどんな空間にしようかな?とワクワクしてきます。直感に従いパソコンやカメラ用品を配置した結果、幸せだと思える「好きなもの」や「これから頑張りたいこと」が鮮明に浮かび、「こうなりたい」という理想もはっきりと描けるようになりました。

たかが掃除、されど掃除。それだけで劇的に人生が変わるわけではないけど、達成感で自信もつきました。最近なんだか詰まり気味…気分転換したい!という方は是非片付けを実践してみてはいかがでしょうか?