フォトジェニックな街、横浜みなとみらい21の近未来な夜景

フォトジェニックな街、横浜みなとみらい21の近未来な夜景

横浜といえばここ、というイメージが強いみなとみらい。正式名称は「横浜みなとみらい21」で1980年代に再開発が始まって以来、次々商業施設やアミューズメント施設がオープンし、常に進化するおしゃれな港町です。

特にサンセットから夜にかけてが美しいみなとみらいを、カメラとともに歩いてきました。まずは太陽が沈む前の濃いグラデーションにうっとり。雲がなければなんと富士山が見えるらしいですよ!

みなとみらいはカメラを構えたくなるフォトジェニックなところ

フォトジェニックな街、横浜みなとみらい21の近未来な夜景

みなとみらいは、歩道が広く、休憩スペースが多いところが好きなポイントのひとつ。ライティングの配置や水辺のレイアウトバランスも素晴らしい。文字通りランドマークとなっているランドマークタワーをどう撮るかすごく悩み、センターに置いてみました。ナビオス横浜をフレームに見立てて、ローアングルでの1枚です。

フォトジェニックな街、横浜みなとみらい21の近未来な夜景

こちらは結婚式場のアニヴェルセル。表参道と同じくカフェも併設されています。今や全国に展開するアニヴェルセル、みなとみらいはその中でも近隣の雰囲気が最高で、ロマンティックなウェディングにぴったりロケーションですね。

右側に写っているよこはまコスモワールドの観覧車「コスモクロック21」は2016年にフルカラーLED化され、イルミネーションがパワーアップ。以前よりとっても輝いていました。

フォトジェニックな街、横浜みなとみらい21の近未来な夜景

最後はコスモワールドにて。近未来のような灯りをたっぷり楽しめました。

小さいときに来たみなとみらいはここまで観光地化していなかったような記憶で、ランドマークタワーとクイーンズスクエア横浜くらいしかありませんでしたよー、確か。現在の数ある商業施設で気に入っているのは、ハワイアンタウンが入っているワールドポーターズと、オープンなモールのMARINE & WALK YOKOHAMAです。

デートはもちろん、友達とワイワイしたり一人でのんびり散歩をしたり、楽しみ方は色々。昼間は中華街で食べ歩きでもして、大さん橋、象の鼻パーク、赤レンガ倉庫辺りで撮影も良さそうですね。横浜みなとみらい21は訪れたいスポットが尽きないです!

横浜みなとみらい21(Minato Mirai 21)

ウェブサイト
www.minatomirai21.com