4年に一度のお祭り!浦安三社例大祭2016

4年に一度のお祭り!浦安三社例大祭2016

千葉県浦安市は大きく分けて、古くは漁師町であった東京メトロ東西線浦安駅周辺の「元町」、市役所より海側、JR京葉線新浦安駅周辺の「中町」、新浦安の海辺からJR京葉線舞浜駅周辺の「新町」という3つのエリアで構成されています。浦安といえば何と言っても東京ディズニーリゾートが人気ではありますが、「浦安三社例大祭」が開催されるときは元町が主役。2016年、4年ぶりにアツく盛り上がる3日間がやってきました!

初日は宵宮、御霊入れから始まります

4年に一度のお祭り!浦安三社例大祭2016

2016年の浦安三社例大祭の日程は6月17日(金)、18日(土)、19日(日)。初日の金曜日は夕方から前夜祭と言われる宵宮が始まります。夜8時ごろに各神社で神聖な御霊入れが行われ、その後神輿渡御を見ることができます。自治会によって神輿の装飾が違うようで、ネオンが光っているものもありました。

清瀧神社、豊受神社、稲荷神社から威勢良く練り歩く神輿

4年に一度のお祭り!浦安三社例大祭2016

浦安の三社は堀江の清瀧神社、猫実(ねこざね)の「豊受神社」、当代島の「稲荷神社」の3つです。今日は朝9時から神輿が街を練り歩き始めました。神輿は「ワッショイ」や「セイヤ」と言いながら歩くことが多いと思いますが、浦安は「まえだ!まえだ!」という独特の掛け声なんです。前に進め!という意味なのだそうですよ。

4年に一度のお祭り!浦安三社例大祭2016

宮前会(清瀧神社)の粋なお姉さまがたを発見。竹笠に書いてある「天哲」は100年以上続く、浦安の蕎麦屋さんで、その昔、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で取り上げられた堀江のフラワー通りというローカル色の強い通りにあります。

4年に一度のお祭り!浦安三社例大祭2016

神輿渡御を一層盛り上げる祭囃子が奏でる音を聞くと、とてもワクワクします。丸音會のみなさまは、浦安だけではなく、浅草三社祭りや神田、日本橋でも活動をされています。私も祭囃子を習ってみたいなーなんてちょっと思います。でもリズムがすごく難しそう。

4年に一度のお祭り!浦安三社例大祭2016

屋台の数も、毎回増えていますので、食事に困ることはありません。定番の焼きそば、たこ焼き、広島焼き、チキンステーキ、ケバブから佐世保バーガー、焼き鳥の屋台が所狭しと並んでいます。もちろんソフトドリンク、ビール、かき氷、チョコバナナ、ベビーカステラなども大充実。外で食べるご飯は美味しいですねー。

4年に一度のお祭り!浦安三社例大祭2016

豊受神社の宮神輿(東組、西組)が神社へ戻ってきました!押し合いへし合いなので、怪我をしないように気をつけないといけません。小さなお子さま連れの方は迷子になってしまわないように、目を離さないでくださいね。

まえだ!まえだ!を聞くと、あー浦安っていいな!としみじみ感じます。明日もまだまだ続きますので、是非浦安三社例大祭の凄さを体感してみてくださいね。