神輿渡御のハイライト「地すり」に大歓声の浦安三社例大祭2016

神輿渡御のハイライト「地すり」に大歓声の浦安三社例大祭2016

6月17日から始まった浦安三社例大祭も今日が最終日。「まえだ!まえだ!」という掛け声以外に、神輿渡御のハイライトがあります。
回れ回れと言いながら地面すれすれまで神輿を低く持ちその場で回転する「擦り」、もう少し高く上げて揺らしながら回る「揉み」、手を目いっぱい伸ばし揺らさずに神輿を回す「差し」、ヨイヨイヨイ!という掛け声のあと写真のように神輿を放り投げる「放り」の4つの動作が行われると拍手と完成に包まれます。こちらは清瀧神社のルート。体力いりますよね、明日は絶対足腰痛いはずです…。

「地すり」も入船会の纏もかっこいい!

神輿渡御のハイライト「地すり」に大歓声の浦安三社例大祭2016

昨日は梅雨を忘れる青空と夏のような暑さでしたが、今日は4年に一度の大祭を惜しむ涙のような雨がパラパラと降りました。そんな天気に負けてられない!とばかりに威勢の良さを見せてくれるのは入船会の纏。しなやかな舞がとても美しいです。

神輿渡御のハイライト「地すり」に大歓声の浦安三社例大祭2016

そろそろ宮入りが近づくと、ゆっくりと、でも元気な神輿がどんどん続きます。大人たちの後には子ども神輿も「まえだ!まえだ!」と周りの観客と一緒に大きな声で叫びます。

神輿渡御のハイライト「地すり」に大歓声の浦安三社例大祭2016

境川は普段、夜は灯りが少なく薄暗いのですが、お祭りの間はこんなにキラキラ。水面に映る光がまるで花火のようでした。

神輿渡御のハイライト「地すり」に大歓声の浦安三社例大祭2016

宮入りの時間は浦安の大三角線という道路は封鎖。そろそろ佳境を迎え、豊受神社はお巡りさんのガードによって関係者以外立ち入り禁止となります。かつては喧嘩神輿と言われたこのお祭りだけあって、熱気のすごさに圧倒されます。

神輿渡御のハイライト「地すり」に大歓声の浦安三社例大祭2016

少し落ち着いた神社に入り、役目を終えた神社神輿(東組連合)をパチリ。かっこいいです!

神輿渡御のハイライト「地すり」に大歓声の浦安三社例大祭2016

浦安三社例大祭の終わりを待っていたかのように、また雨が降り出します。街の提灯も見納め。あと4年後、東京オリンピックの2020年が待ち遠しくて仕方ありません。素晴らしい3日間を経験させてくれた浦安の神々に感謝しながら、また明日から頑張ります!