ディズニー映画「モアナと伝説の海」はコレが意外だった!

ディズニー映画「モアナと伝説の海」はコレが意外だった!

3月10日に公開されたディズニー映画「モアナと伝説の海」。何となく、ハワイやフラ好きだったら観るんじゃないかな?と思います。私も楽しみにしていた作品です。メインの登場人物の名前はモアナとマウイですが、ハワイの話ではなく、ポリネシアを想像させる架空の島「モトゥヌイ」が舞台。鑑賞後の感想は「なんか意外!」でした。

破天荒なプリンセス「モアナ」のストーリー

ディズニー映画「モアナと伝説の海」はコレが意外だった!

まずはストーリーですが、ざっくり書いてみます。

モトゥヌイの村長の娘として産まれたモアナは小さい頃から海が大好き。珊瑚礁の向こうに広がる世界に興味を持ちますが、父トゥイには珊瑚礁を超えてはならないと言われています。しかし、祖母タラに「海に選ばれた者」だと告げられると、作物や魚が獲れなくなった島を救うため、そしてなくなった女神テ・フィティの「心」を取り戻すため、海へと旅立つのです。

まずはテ・フィティの心を盗んだ、半神半人のマウイを見つけなければいけません。1,000年以上幽閉されていたマウイを発見し、魔法のフックをタマトアから奪還。最後は溶岩の怪物テ・カァに勇敢に立ち向かう、モアナの成長を描いたアドベンチャーストーリーです。

モアナと伝説の海、見どころはここ!

ディズニー映画「モアナと伝説の海」はコレが意外だった!

驚いたのは、モアナの気がめちゃめちゃ強いこと。字幕版を観たのですが、マウイと出会って閉じ込められちゃうシーンで「Son of a b****」と言いかけたのはディズニーのプリンセスっぽくなくて(プリンセスではなく、村長の娘か)笑いました。恋バナがなく、アクションが多いのも意外でしたね。もっとゆるい感じかと予想していました。お調子者で実は気が弱いマウイとのコンビが面白かったです。

みどころは、やはり美しい映像と細かなところまできちんと描かれているところでしょうか。海や空、雲なんか実写じゃないかと思うほどのCGでした。サンライズやサンセットの光加減、全体の色使いが鮮やかで生き生きとしていて、さすがだなぁと感動。

あとは、フラ(ハワイが設定ではないのでフラと言い切っていいのか微妙ですが)の動きがなめらかで本物っぽいのと、ところどころにディズニーらしい演出があって楽しかったです。主題歌のHow Far I’ll Goも良かったけど、日本ではLet It Goほど流行らないかなという印象…。

南国が好きなら特におすすめな「モアナと伝説の海」、映画館を出たらディズニーのパークに遊びに行きたくなっちゃいました!